ガソリンスタンドでの働き方

ガソリンスタンドにはどんな種類が

車好きの方が、まず最初の一歩として選ぼうとする仕事がガソリンスタンドかもしれません。そんなガソリンスタンドは最近二つの形態に分かれているようです。今まで主流であった接客型と現在勢力拡大中のセルフ式です。前者は当然接客を中心にガソリンの給油と窓ふきや吸い殻の片付けなどさまざまなサービスを提供します。後者のセルフ式は、基本接客をせず事務所での管理業務が基本で利用者が困ったときなどの案内係という意味合いが強いかと思われます。

働き方はどうすればいいの

ガソリンスタンドでの働き方は、アルバイト募集といった貼り紙がしてある所へ直接問い合わせるのが早いと思われます。より確実なのは、求人情報からというのがいいでしょう。最近ではインターネットなどからも、すぐに検索ができるようになっており、簡単に自分の求めているエリアの求人へと導いてくれるのではないでしょうか。情報量も多く、動画をアップし職場の雰囲気を提供しているものまでみられるのです。またスーパーの店頭などに置かれている、求人雑誌も強い味方になってくれます。

競争率の激しいガソリンスタンド

接客型のガソリンスタンドは、常に求人を募集しているという傾向にあるようです。しかし一方のセルフ式のガソリンスタンドは、求人情報自体がとてもレアなケースが多い人気の職種となっているのです。そのため、最低限の条件を満たしてなければ採用されないケースも多いとされています。普通運転免許や危険物取扱者といった資格などです。もし働きたいと考えているのなら、この二つを事前に保有しておくことがいいかもしれません。

ガソリンスタンドでのバイトといえば、ガソリンの注入、洗車など、そんな大変なイメージがありました。しかし今はセルフサービス、洗車機等の普及によって、ガソリンスタンドのバイトは、気楽なものになりました。